2015年夏期の受講生より


ピアノ部門

ヴァイオリン部門

オペラ部門

● 2015年春期ピアノ部門受講生より

幸重明日香(東京藝術大学4年)


まだまだ寒く、街には雪が積もっている2月中旬のミュンヘンで、ミュンヘン国際音楽セミナーに初めて参加させていただきました。セミナー期間中は、1週間とは思えない程の充実した日々でした。


今回、シェーファー先生に4回のレッスンをしていただきました。私は幅広い時代の作品を複数曲持って行っていたこともあり、個々の作品に合った、様々な表現方法や理解の仕方等を教えていただきました。私の演奏において足りないもの、演奏を聴いてくださる方々にどう伝えるか、何よりも原点である音楽の楽しみ等、音楽の本質を改めて自分自身で振り返って見つめ直すことができる機会を与えてくださり、その正解を導いてくださいました。先生の教えてくださる素晴らしい音楽は、理解・表現する上での意図や理由を明晰に伝えてくださって、私の中に驚くほどすんなりと吸収させてくださいます。隣で先生が弾いてくださる演奏に、音楽・作品の新たな魅力を発見しながら、幾度となく聞き入っていました。シェーファー先生から溢れ出る、緻密であり、尚且つ壮大でロマンティックな音楽を教えていただくレッスンが、私にとって本当に幸せな時間であり感謝しております。


そして、修了コンサート以外にサロンコンサートにも出演させていただくことができました。コンサートを開いてくださったHappさんがとても優しく接してくださり、温かいコンサートにしてくださいました。後日の修了コンサートでお会いしたときも、親切に話しかけに来てくださって本当に心が暖まりました。サロンコンサートではお客さまとの距離が近く、日本では感じたことのない、お客さまのまた違った音楽への味わい方等をより強く肌で感じる大切な経験となりました。優しさと温かさで包まれるような拍手、演奏後に感想を話しかけてくださるお言葉が本当にありがたく、胸に染みたことは決して忘れません。


充実していた1週間であった更なる経験は、ホームステイをさせていただいたことです。私を快く迎え入れてくださったKnappさんは、とても優しく社交的なご婦人でした。毎朝ご婦人の笑顔で1日が始まり、楽しく話し、コンサートに誘ってくださったり、一緒にイングリッシュガーデンへ散歩に連れて行ってくださったり、心から安らげる環境で過ごすことができるようにしてくださったことを本当に感謝しております。ご婦人のご友人とも一緒にカフェでお話ししたことも、楽しかった思い出です。ホームステイをさせていただいたことで、常にドイツ語を聞いて話す生活をすることでき、このような生活をすることが語学の一番の上達法なのだと身をもって学ばせていただきました。


ホームステイやサロンコンサート、修了コンサートで接させていただいたミュンヘンの皆さまが本当に親切なお人柄な方ばかりで、この素敵な街で音楽をさらに勉強したいという意思がより一層増え、気持ちが固くなりました。このセミナーに関わっておられる皆さまが心より温かくしてくださるのも、主宰の小長久美様の人望あるお人柄の故だと感じております。様々な方々が小長様をお見かけすると、本当に楽しそうにお話しされているのを見て、私たち受講生がこうして安心して充実した日々を送れるのは、全て小長様のお陰であると実感しておりました。


改めまして、このような大切な経験ができましたのも、主宰の小長久美様がセミナーを運営してくださり、それぞれの受講生を心強くサポートしてくださったからだと、心より感謝申し上げます。そして、受講生を支えてくださった、受講生友の会の皆さま、先輩方へ深く感謝申し上げます。


今回学んだ大切なことを糧に、今まで以上に発想を広げ、音楽と真摯に向き合って日々励んでいこうと思います。また小長様をはじめ、皆さまにお会いできるときを楽しみにしております。本当にありがとうございました。

五味田恵理子(東京藝術大学大学院修了 ミュンヘン国立音楽大学Meisterklasse)


今回は私にとって三回目となるセミナーの受講でした。

この講習会での出会いがご縁となり、昨年秋よりミュンヘン音大のSchäfer先生のクラスで勉強をさせて頂いておりますが、よりたくさんの曲目のレッスンを受けたいと思い、今回再び受講させて頂くことになりました。


毎週学校でレッスンを受けていても、先生の考えをもっともっと教えて頂きたい、今度はこの作曲家の作品を持っていきたい、先生はきっとこの曲でも素晴らしいレッスンをしてくださるに違いない、と、どんどんレッスンを受けたくなるほど、毎回素晴らしいレッスンをしてくださいます。


今回は時間の許す限り他の受講生の方のレッスンも聴講させて頂きましたが、それぞれの作曲家、作品、そして生徒の持ち味を考慮して多方面からのアドバイスを送るレッスンは大変勉強になるもので、何人聴いても新鮮で、何時間でも聞いていたいと思うものでした。


ドイツで音楽の勉強ができることにいつも喜びを感じておりますが、私がそのような環境に身を置くことが可能になったのは、多大なサポートをしてくださった小長さんをはじめとするアカデミーの皆さまのお陰で、本当に感謝をしております。


アカデミーが提唱している『本当の音楽を奏でられるひとになる』ことが、何よりのご恩返しになると思うので、これからも精進を重ねてまいりたいと思います。

Xiuyan Cui (Central Conservatory of Music Middle School)

 

Es ist mir doch eine große Ehre, an diesem Meisterkurs in München teilgenommen zu haben. Es hatte mir wirklich sehr gut gefallen!

 

Zuerst war Professor Schäfer geeignet zu mir. Er brachte mir die Technik und Denken von der Musik bei. Unter der Anweisung von Prof. Schäfer war mein Niveau sprunghaft gestiegen. Es war mir besonders eindrucksvoll, dass er einen so reinen Musikstil spielen konnte! Übrigens war Prof. Schäfer auch sehr freundlich, damit ich mich nur auf das Musikstudium konzentrieren konnte, ohne Angst.

 

Ich muss hier auch Frau Dr. Kumi Konaga sehr dankbar sein, weil sie mir sehr viel half.  Es war mir das erste Mal, so einen ausländischen Kurs zu besuchen, deswegen hatte ich natürlich dort viele Frage und sie war völlig geduldig, mir zu beantworten. Sie organisierte sogar für uns ein Hauskonzert und das war einfach eine Überraschung! Alle waren sehr nett und sympathisch.

 

Inzwischen habe ich auch zwei Freunde kennen gelernt, Herrn Asashima und Mimoe. Ich begegnete ihnen oft, und sie hatten mir auch jedenfalls sehr gut gefallen. Wir unterhielten uns sehr angenehm, aßen zusammen in einem interessanten Restaurant und nahmen die U-Bahn…

 

Ich werde die fantastische Musik nicht vergessen, die wir zusammen gemacht hatten! Ich werde Sie allen nicht vergessen, die so nett und beliebt sind! Ich werde alles nie vergessen, was ich hier bei Ihnen erlebt hatte!

 

离开的那天,慕尼黑的天出奇地明媚。心里本来满是哀愁,也被阳光涤得散了开去。就像是这座城市吧,临了也会给我一个温暖的拥抱。

九天.时间在一瞬中走得慢极了。

还记得您呢,敬爱的Schäfer教授!您让我的心灵在音乐上,第一次有了放飞的自由。您从来不会告诉我“你要这样做”,而是给我您的建议,让我听从我自己的内心。在课堂上,我也会惊喜地发现,原来看似死板的音符中蕴藏着那么多灵光,原来音乐真的如您所说,“有着太多可能性”;一开始脑子里想的只有音高、节奏,只要没有错音就好了,但每次上过您的课,回到琴房,小心翼翼又满心欢喜地找寻自己心中的想法,那真是太美好的过程!

虽然您的头衔是“教授”,但完全没有传统观念里那种沉闷、或是骄傲的印象。相反,我倒认为您是一个那么热爱生活的人。上课的时候,外面有车鸣笛,您就会在钢琴上嘻嘻哈哈地把汽笛的音高弹出来,有时窗外也会有小孩子玩乐的声音,您听到了也会有大大的欢欣;还记得一次我下了您的课,我们一同出了琴房。当时天色已晚,练琴的学生也已经陆续回家,整个大楼静悄悄的。这本来也不是什么很大的事,但您突然停住了脚步,仔细聆听了一会,有些惊奇地转向我,说“哇!好安静!”而后您又有点像是要细细品味自己的回声,静自伫立。我有些惊奇——好一位细心、可爱的教授!

亲爱的Konaga,我想我一定会永远爱着您。一开始与您通邮件,尽管当时我的德语那么差劲,您还是不厌其烦地一一解答我的问题。您和我的母亲同辈,但无论什么时候——包括在慕尼黑——都是用敬称,一直都在邮件里安慰我“请您不要有任何担忧!”

第一天的Meeting,大家要做自我介绍。我心里“咯噔”一下,大家用日语介绍当然容易得多,可我呢?就当大家都跃跃欲试要发言时,您又乐着加了一句“但是——只能用德语,或者英语!”然后有些调皮地冲我眨了下眼睛,又大声地说“崔小姐,我知道你说得很好的,没问题!”您可知道,这给了我多大自信。当您知道我想报考这里时,又再三“怂恿”:“您就来嘛,我一定帮您!来考慕尼黑吧,一定要来哦!”可惜我的语言还是无法支持我说太多,除了感谢,真不知如何表达我心里那份感动。

还记得你,Asashima,那么友善的日本人。这几天里我跟你的关系是最近的了!还记得第一次见面,实在不知说什么好,冒出一句语法错误的“很高兴见到您”。而你呢,急忙热情地握住我的手,连连说着欢迎的话,免得了我那么大的尴尬;你说的第二句话就是让我别用敬称,不要那么客气,之后的谈话一下轻松了好多;中途妈妈表示不想跟去,让我转述时,我又因为紧张说错了话,你微笑着纠正我说,“你的妈妈不想去,对吗?”问的同时把正确的语法说给我听。我当时就已觉得,可以放心、真诚地与你交谈。

身为唯一的中国人,我在开始还是有些自卑的。但你总是会特地把德语说得稍微慢一些,中途你跟我说起之后家庭音乐会的事宜,怕我没听懂,又在卡片上写一遍——那张卡片现在还在包里呢。就这样,我也很快地融入了这个团体,也敢不再细细思量语法、动词变位,大胆地跟你聊天。

在那几天里,我常疑惑,你为什么这样热情地帮我呢?我现在其实也还在问。你常跟我提起考学须注意的事项;你常说我的德语好,尽管事后回忆起来出了那么多错误;当我有一些复杂的句子说不出来时,你会一直鼓励我“试试嘛!”然后一点一点教我说,直到学会……太多太多,最后临别我哭着跟你道谢又道歉——为着那么多的烦扰——你都说着一定一定不用,附上一个大大的拥抱。

这真是美好,我在异国他乡收获了满满的善意,与感动。相逢何必曾相识。

慕尼黑,慕尼黑,上帝之手曾抚过。与你不过九天之缘,却让我如此想念。我想,不论是谁,被你拥入怀,都会得到上主的恩赐与亲吻,从而变得美好吧。

鈴木有美(桐朋学園大学音楽学部3年)


今回、私は初めてこのミュンヘン国際音楽セミナーに参加しました。初の海外の音楽講習会、初のホームステイと、行くまでの不安が大きかったですが、終えた今、何も恐れる必要はなく、参加して本当によかったと感じています。


私はシェーファー先生、ベッケラー先生にそれぞれ2回ずつレッスンを受けました。お二人のレッスンを受け、私の音楽に対する考え方がより積極的になり、音楽の創り方が変わり、明確なアイディアを持って演奏することを学ぶことができました。

特に印象深かったのは、シェーファー先生のレッスンでドビュッシーのエチュードを見ていただいたとき、楽譜からここまで読み取れるのだ!という感動がありました。ベッケラー先生のレッスンでは、基本的な呼吸と音の出し方を教えていただき、全ての曲に通じる重要なことを実感とともに理解できました。


友達と2人でさせていただいたホームステイでは、Weißご夫妻が本当に手厚くサポートをしていただき、温かく受け入れてくださりました。最初は語学能力不足で意思表示がうまくできず迷惑をかけてしまいましたが、それからは積極的に自分の気持ちを伝えることができるようになりました。ミュンヘンの田舎の町などにも一緒に連れて行ってくださり、感謝してもしきれないほどのもてなしをしてくださいました。


今回セミナーだけでなく、ホームステイをさせていき、ホテルでは感じることができないミュンヘンの方々の温かさを知る非常によい経験をさせていただけました。

今回このような機会があったのも、小長様のおかげです。本当にありがとうございました。そして親身にサポートして下さった、朝島様含め受講生友の会の皆様、本当にありがとうございました。

橋口幸恵(金城学院大学3年)


今回私はベッケラー先生のレッスンを3回、シェーファー先生のレッスンを2回受講しました。


ベッケラー先生のレッスンでは、先生の奏でる真珠のような音に大変感銘を受け、響きや身体の使い方、打鍵などの音の鳴らし方において本当に数々のことを学びました。ちょうど日本で音の鳴らし方において悩み悶々としていた私にとっては、本当にかけがいのない貴重な時間でした。最後の食事会の時には、あなたは本当にこの数日間で驚くほど急成長したね!と声をかけて頂いたことが、とても嬉しかったです。


シェーファー先生レッスンでは、1回目のレッスンで先生のあまりの情熱に腰を抜かしてしまうかと思うほど驚きました。曲の構成力や、ダイナミクス共に想像を遥かに超えるレッスンで、とても印象的でした。楽譜を読み解く力、説得力のある音楽を作り出す力に、自分にはまだまだ課題があると感じました。


講習会中は少しでも多くをお二人の先生方から得ようと必死で、直ぐにはなかなか対応できませんでしたが、帰国した今、先生の仰っていたことをじっくりと自分の中で消化することができ、改めて本当に良いものを得ることができたと感じています。


また今回は桑原さんとともに、Lanzご夫妻のお宅にホームステイさせていただきました。ドイツ語を勉強中の私は、ご夫妻と一緒に食事をする度に知らない単語をメモすべくペンとメモ帳を常備していたのですが、それに気づかれたご夫妻がドイツ語で食卓にあるものを紹介してくださったり、正しい言い方を丁寧に教えてくださったりしました。また、お宅で練習させて頂いているときには、キッチンから「Sehr schön !」と聞こえてくることも。生活面から精神面から、何もかもお世話になり、本当に心から感謝しています。


最後になりましたが、このような素晴らしい機会をくださった小長様、サポートしてくださった受講生友の会の方に改めて感謝致します。ありがとうございました。

山中優美(聖徳大学音楽学部)


今回初めてミュンヘン国際音楽セミナーに参加しました。


自分の好きな音楽が生まれた場所に行き、空気や言葉、文化を感じ取りたいという思いは強くあったものの、なかなかきっかけを得られず何か物足りなさを感じながら学生生活を送っていました。そのようなときにこのセミナーに参加するご縁をいただけたことは、ミュンヘンという魅力的な街の力に引き寄せられたからではないかと思っています。


レッスンは、シェーファー先生に2回みていただきました。聴き手の印象に残る演奏ができないことが私の一番の課題なのですが、全身を使って曲の表現を伝えてくださる先生につられるように力強い音が出てきて、自分はこんな音が出せるのかと音量が変わっただけでも驚いてしまいました。さらに、流れを止めずあくまでも楽譜に忠実にとのご指摘をいただき、表現面を気にしすぎ忘れてしまっていたこと、楽譜の読み込みがまだ足らなかったことなど、根本的な問題にも気づくことができました。もっとレッスンを申し込めば良かったと少し後悔するほど多くの発見があり、受講前と比べると練習への意欲も格段と増しました。


そして、今回ホームステイも経験させていただくことができました。私は挨拶程度しかドイツ語が分からず、ご夫妻や一緒に滞在した先輩には迷惑をかけてしまったかもしれません。英語でゆっくり話してくださったり、ドイツ語の単語を紙に書いて教えてくださったり、お二人の優しさに胸が熱くなりました。滞在最終日には車で美しい山や湖に連れて行ってくださり、本当に素敵な一日を過ごすことができました。


「やらなければいけない」ではなく、「やりたい」という意識の変化がこのセミナーで一番の収穫です。特に語学はお世話になったご夫妻とのメールのやりとりやまた参加したときのためにドイツ語を理解し話せるようになりたくて、セミナー終了から一ヶ月たった今、語学学校へ通うことを検討しています。サポートしてくださった小長様、友の会の皆様、学校や学年が違っても仲良くなれる受講生の方々、温かいドイツの人々…多くの出会いは、受験や音楽のためだけでなく自分を変えるチャンスになります。私は海外に行くのも講習会も初めてで最初は不安だらけでしたが、思い切って参加してよかったと心から思いました。


今回のセミナーで出会った方々、そしてこれを読んでくださった方々といつの日かミュンヘンの地で出会えることを楽しみにしています。

池田佑香(大阪音楽大学4年)

 

昨年に引き続き、2度目の参加となりました。前回は出会うこと全てが新鮮で私にとってこのうえない充実した期間でした。しかし、ただひとつ心残りがありました。それは先生と直接会話ができなかったことです。通訳してくださる方と先生が談笑をされていても自分には少し間があいてから伝わる、つまり会話に時差が生じてしまうことがありました。再びセミナーを受講する機会があれば通訳なしで受講したいと心に決め、セミナー終了後4月から本格的にドイツ語教室に通い始めました。


その想いもあり、今回は通訳なしレッスンにも挑戦してみました。いざレッスンとなると、なかなかうまくやり取りができず先生にはご迷惑をおかけしたことも多々あったと思います。しかし、わかりやすい言葉で、ジェスチャーを交えて伝えてくださいました。先生のそのお人柄に包まれ自然と言葉が発せるようになりました。また、レッスンでは1つの作品に対するアドバイスだけではなく、他の作品でも活用できるよう様々な角度から改善策を教えてくださいました。「あなたの場合はこう弾くと効果的だよ。」「そうだよ!そちらの方が素敵だよ。」など先生からのメッセージを直接受け取り、演奏に反映することができました。


前回もそうでしたが、ミュンヘンという土地で、新しい仲間と出会い刺激をもらうことで自分にあった“旬”の課題を見つけることができました。あたたかくご指導くださいましたシェーファー先生、このセミナーを運営してくださる小長様、セミナー期間中サポートをしてくださった受講生友の会の方々に感謝いたします。本当にありがとうございました。

関屋茉梨子(東京音楽大学卒)


ミュンヘンでの約1週間、忘れられない時となりました。今回私は2回目の参加でした。


私は周りの参加者と少し違って音大卒業後、一般就職を選び、6年間のブランクを経て音楽の道に戻った身。色々な経験をし、改めて、『上手い演奏』ではなく『人に伝わる演奏』をしたいと、追求したい、と思いました。そしてこのセミナーが掲げる『上手に弾くのではなく、心に響く音楽を奏でられる人』は、まさに私が求めるものでした。その秘密を知ることができました。

1回目に参加した時、シェーファー先生のレッスンによって私は音楽への考え方、捉え方が変わり…先生のレッスンに惚れ込みました。今回もシェーファー先生のレッスンを4回受講しました。


シェーファー先生のレッスンの何が素晴らしいかというと、表面的なことではなく"音楽"を教えて下さるのです。作品をどう捉えるか、作品をどうまとめるのか、それを表現する為にとにかく大きい大きいフレーズで考えることを学びます。また、とにかく熱い!笑。シェーファー先生の音楽への熱をすぐ傍で感じ、気づくとその音楽の波に乗っかっている自分がいます。知らぬ間に、“感じ”を掴んでいるのです。他に無いと思います、この様なレッスン。


レッスンの受講に加え、非常に勉強になったのが他の参加者の聴講です。今回出来る限り聴講をしました。とにかくこのセミナー参加者のレベルは高いのですが、客観的にレッスンを聴くことで見えることは計り知れないです。


自分の課題と同じ様な課題を持つ他の受講生もいたりして『なるほど、こういう音になってしまうのか』と、反面教師的に学ぶこともありました。シェーファー先生は全身で表現しながらレッスンをするので、先生の言葉を耳で聴きながら演奏するより、先生を出来るだけ見ながらの方が"先生の伝えたいことがわかる"、というのも前回セミナー参加をして聴講した時に気づいたことです。


今回、今の自分自身のタイミングで、ドイツの空気を感じながら、一回り近く歳の離れた若手演奏家のみんなに揉まれて、素晴らしいレッスンを受けることができたことが本当に幸せでした。


同時に、日本でも必ずこの経験を活かしていきたいと思いました。

小長さん、朝島さん、関わった皆様に感謝します!ありがとうございました。

徳永哲也(九州大学法学部3年)


今回、初めてミュンヘン国際音楽セミナーに参加させていただきました。私は現在、一般の四年制大学に通っていますが、ピアノを弾くのが大好きで、音楽の本場であるドイツでセミナーを受けることが夢でした。数あるセミナーの中で、どれにするか迷いましたが、知り合いのお墨付きや先生からの勧めもあり、このセミナーを受けることに決めました。


今回、ホームステイをする機会をいただき、もう一人の日本人の方と一緒に、空港からホームステイ先の御宅の最寄り駅まで自分たちで行くことになっていました。初めて行く場所だったので、駅の電光掲示板や路線図を何度も確認していました。すると、現地の方が「どこに行きたいの?」と困っている私たちに声をかけてくれ、親切に行き方を教えてくださいました。結局、目的地に着くまでに3回も声をかけられ、ミュンヘンの人びとの温かさを肌で感じることができました。


ホームステイでは、Heuslerご夫妻にたいへん御世話になりました。ご夫妻は本当に優しくて、私たちは毎日感謝してばかりでした。ご夫妻との一番の思い出は食卓でワインを飲みながら、ゆったり会話を楽しんだことです。日本、ドイツ、音楽など様々なことについて話しました。「もう少し語学力があれば…」と悔やまれますが、それは今後の課題としたいと思います。


レッスンについては、私はベッケラー先生に3回、シェーファー先生に2回のレッスンを受講しました。受講曲はベッケラー先生には古典、シェーファー先生にはロマン派を中心に習いました。どのレッスンも驚きと感動の連続でしたが、特に印象的だったのは、ベッケラー先生のレッスンです。私は昔から古典派、特にベートーヴェンがあまり好きではありませんでした。なぜなら、譜読みはすぐ終わるにもかかわらず、そこからどのように練習すれば良いかわからなかったからです。そもそも何をどのように弾けばよいのかわかっていなかったので、私にとって古典派の曲を練習することは苦痛でしかありませんでした。そんな私に、ベッケラー先生はベートーヴェンやモーツァルトのスタイルに加え、基本的な弾き方、例えば手首や肩の使い方も教えてくださいました。ベッケラー先生の出す音は透き通っていて、ステージであれば遠くまで広く響きわたるような音でした。ベッケラー先生のレッスンを通して、自分の音がみるみる変わり、どこか遠くの存在であった古典が少しだけ身近なものになりました。


また、できるかぎり他の人のレッスンを聴講しました。普段なかなか音大生の演奏を聴く機会がない私にとって、その人たちの演奏している姿を見るだけでも、自分の足りない部分を見つけることができ、非常に勉強になりました。


セミナー後は、ドイツに住んでいる友人とオーストリアへ旅行し、モーツァルトの生家やハイリゲンシュタットのベートーヴェンの家など音楽家ゆかりの地を訪れました。そこには、当時のピアノが展示されており、現在のピアノと比べてサイズがあまりにも小さいことに驚きました。そこで、ベッケラー先生に「モーツァルトはもっと繊細に…」と指摘されたことを思い出し、「たしかにこんなに小さなピアノだったら、元気にバンバン弾けないなあ。」と思いました。曲を弾くとき、楽譜に書かれていることを忠実に弾くことはもちろん重要ですが、その曲の作られた時代、文化などを深く勉強することで、楽譜から読み取ることのできる情報は増え、さらに深みを増した演奏ができると改めて感じました。


最後になりましたが、主宰の小長様、友の会の朝島様をはじめ、多くの方々に御世話になりました。このセミナーを通して沢山のことを学ばせていただきましたが、何より本当に楽しかったです!音楽漬けの一週間を送れて幸せでした!深く御礼を申し上げます。本当にありがとうございました!