河島真悠(東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業)

 

 

もう一度音楽の視野を大きく広げたいと思いこの大好きなミュンヘン音楽セミナーに参加することを決めました。

今回のミュンヘンは初めての雪景色!

 

 

私の大好きな青い空が印象的なミュンヘンとは違った一面が見えて神秘的で静謐、芸術的で美しいミュンヘンを見ることができました。

 

何度も参加したいと思う理由はセミナーの心地よさ、そして自分に足らないと思っている事を的確に指摘し、教えていただけていると感じられる事。自分の音や音楽がレッスンを通して豊かに変わって行くのを感じられる喜びなどたくさんあります。

 

セミナーの前は緊張と不安もありますが、セミナーが進むにつれて意識が変わり自分の演奏や音楽を追求していくことで満ち足りていく思いがします。

 

今回私はベッケラー先生のレッスンを6回受けました。先生の筆舌しがたい美しい音楽に感動し、今回もどうにか習得したいと四苦八苦しました。教えていただく動作自体はシンプルであっても身体の使い方を習得するのは難しく、演奏の中では更にです。肩や腕に余計な力が入り響きに伸びがない音が先生のアドバイスで、少しずつ伸びのある音に変わっていき、頑張らなくても豊満なフォルテが出せるようになっていきます。本当に先生の言葉は魔法のようです。

 

 

また、音を弾いた時の期待感と手首の柔軟性から生まれる美しいレガート!先生の音は一つ一つが歌のあるロマンチックな音で、うっとりしてしまいます。

 

セミナーに参加されている方々は皆さん同じように自分の志を持ち勉強されているので、すぐに打ち解け、お互いに様々なことを感じ学ぶ事も出来ます。他の方のレッスンを聴講することで客観的に見ることが出来、自分の演奏に対しての解決策を見つけることができるなど理解を深める事も出来ました。

 

これから教えていただいた練習法をもとにじっくり向き合って研究していきたいと思っています。

 

ホームステイでは、お世話になったGoppel夫人にセミナー中の生活の全サポートをしていただき本当に感謝の思いでいっぱいです。私の練習を聴いてくださったり、一緒に音楽を聴いたり、楽しい時間を過ごしました。音楽が大好きなとっても素敵な優しい方で、食事の時には何度も、音楽は素晴らしいわね!音楽に国境はない、私たちの人生ね!と話が盛り上がったり、本当にたくさんのことをお話しくださり、心に感じることがたくさんありました。とても素敵で幸せな時間を過ごさせていただき大切な思い出を作る事が出来ました。

最後に、小長様、朝島様、アカデミーの皆様、セミナーをサポートしてくださっている皆様に心からの感謝を申し上げます。

 

今回のセミナーでの多くの気づきと感動、目に焼き付いている修了演奏会の暖かな景色を胸にこれからもしっかり勉強していこうと思っています。