村山 愛也佳(桐朋学園大学音楽学部3年)

私は今回初めてこのセミナーに参加させていただきました。ドイツへ行ってセミナーを受けてみたいと思いネットで調べているうちにこのミュンヘン国際音楽セミナーをみつけ、参加したい!と思ってからようやく今回実現しました。憧れの地で過ごした一週間はとても充実したものでした。
私はシェーファー先生のレッスンを4回受けました。先生は常に全力で、技術的な事から楽譜の解釈の仕方、曲の背景など様々な角度から音楽を構築する方法を教えてくださいました。なんとなく定まらない私の演奏が、先生の想像力溢れる的確な言葉一つ一つによって輪郭がはっきりし変わってゆくのが分かりました。音楽を心から愛し表現している先生の音楽を横で聴き、私もあのように自分の音楽を奏でたいと思い必死で演奏しました。レッスンを受けてさらに深くその曲を理解する事ができました。

また今回私はGoppelさんのお宅にホームステイをさせていただきました。初めてのホームステイでとても不安でしたが、Goppelさんは本当に温かく私を迎え入れてくださり感謝の気持ちしかありません。音楽が本当にお好きで、私の練習を楽しそうに聴いてくださいました。一緒に食事を取ったり、観光やコンサート、湖にドライブにまで連れて行ってもらいました。私はドイツ語が片言しか話せなかったので英語でお話ししていただきましたが、ご自身の事やご家族の事、日本について、音楽についてたくさんの事を毎日話し、一つ一つが心に残っています。感謝してもしきれないほどご親切にしていただき、最後のお別れは本当に寂しかったですが、またドイツに行ってお会いしたいです。
 
今回このような貴重な機会を与えてくださった小長様、また様々な場面でサポートをしてくださった朝島様、本当にありがとうございました。