栗林 衣李(東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校3年)


ミュンヘンのセミナーも今回で3回目となりました。シュナイダー先生のレッスンは、常に新鮮でいろいろな角度から教えてくださるので、いつもレッスン後の自分の変化にびっくりしています。


1回目よりバッハ、カプリス、コンチェルトとみていただきましたが日本で練習している時や楽譜から読み取る時も「先生はこうおっしゃっていたな」とか 「きっと先生はこうおっしゃるだろう」ということが少しずつわかってきたことが嬉しく、自分で自分の成長を感じることができることにとても満足していま す。これからも、もっともっとレッスンを受けたいと思っています。シュナイダー先生、本当にありがとうございました。


いつも心から全力で応援してくだり心強い存在の小長さん、安心してレッスンを受ける事ができるようあらゆる面でサポートしてくださる朝島さん、突然の伴奏のお願いに快く引き受けてくださった伴奏の方、本当にありがとうございました。


栗林衣李(東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校3年)


「高校生のうちにもう1度ドイツに行っておきたい!」と思い、私は2回目のミュンヘン音楽セミナーに参加させていただきました。


もう1度ドイツに行きたいと思った理由は2つありました。1つ目は、シュナイダー先生のレッスンを成長した私(?)で受けてみたいと思ったからです。前回のレッスンで教えていただいた事を常に意識して1年間自分自 身の演奏と向き合ってきました。その成果をシュナイダー先生に聴いていただいて、さらに多くの事を学びたいと思ったからです。2つ目は、前回のセミナーで シュナイダー先生のレッスンを受け、教えていただいた事を自分のものにするのに精一杯で、その他の事については何の余裕もなく過ごしてしまったので、今回 は自分の将来も見据えて「ミュンヘン」に滞在したいと思ったからです。


日本に帰ってきた今思うことは、今回「本当に行って良かった。」ということです。とにかくレッスンが楽しくて、楽しくて仕方ありませんでした。今取り組んでいる曲の技術だけでなく、これから先ずっと自分の演奏に役に立つこともたくさん教えていただきました。本当に充実したレッスンでした。


また、今回のセミナー中、私は2回コンサートに行きました。シュナイダー先生の室内楽のコンサートとオーケストラとチャイコフスキーのヴァイオリンコンチェ ルトです。聴いたとき、すごい!感動でした。本当に楽しく、日本とは全然違いました。私もこういう音楽がしたいと思いました。


今回のセミナー参加で、チャンスがあったらミュンヘンに留学して勉強したいと思うようになりました。今回1人での渡航や滞在に際し、小長さん、朝島さん、伴奏者の方などたくさんの方々に支えていただき無事にセミナーを終えることができました。本当にありがとうございました。