河島真悠 (東京音楽大学ピアノ演奏家コース4年)

 

以前からドイツへ行ってみたい、ドイツの空気を感じたいと思っていましたので、このセミナーを知りぜひ参加したいと思いました。セミナー参加やヨーロッパは私にとって初めてのことでしたので不安もありましたが、実際に参加して憧れのドイツで過ごし、たくさんのことを学ぶ機会を得た今はチャレンジして良かったと思っています。

 

私はベッケラー先生とシェーファー先生に2回ずつレッスンをしていただきました。

 

ベッケラー先生には良い響きの音や音色を変えるために脱力して打鍵することなど身体の使い方について詳しく教えていただきました。苦手だったこともあり上手くできない部分もありましたが、基本を理解し着実に自分のものにしたいと思います。

 

シェーファー先生には楽譜を正確に読み解き、明確なイメージをもつことを中心にレッスンしていただきました。ダイナミックでユーモアたっぷりなレッスンで圧倒されましたが、自然な流れで演奏することの大切さを感じました。

 

セミナーへは途中からの参加ということもあり、あっという間に終わってしまいましたが、その中でも様々なことを感じることができました。レッスンやミュンヘンで感じたことを持ち帰り、これからに生かしていきたいと思っています。

 

最後になりましたが、小長様、朝島様をはじめ、多くの方々に大変お世話になりました。また、途中からのセミナー参加となりましたが、受け入れていただき感謝しております。皆様のサポートによりセミナー期間中をとても有意義な時間として過ごすことができました。ありがとうございました。