多田 美晴(武庫川女子大学音楽学部専攻科)


今回私は初めてミュンヘン国際セミナーに参加致しました。シェーファー先生とベッケラー先生のレッスンをそれぞれ3回ずつ受講しました。

 

シェーファー先生のレッスンはとにかく情熱的でラフマニノフのソナタ二番のレッスンでは弦を切ってしまう程で、ラフマニノフの世界へぐいぐいと導かれるようなレッスンでした。アドバイスは新たな発見だらけで自分に足りないものを見出すきっかけとなりました。

 

ベッケラー先生のレッスンでは自分の技術的に未熟な部分を改善できるようなアドバイスを沢山頂きました。先生の音はとても繊細で音へのこだわりが強く、自分の音への探究心が更に深まったように思います。お二人とも明るく気さくな方で笑顔の絶えないレッスンで短い期間ではありましたが、得るものの多いセミナーとなりました。

 

セミナー期間中はレッスン、練習だけでなく他の人のレッスンも聴講でき、聴講することで客観的に音楽を感じることもでき、先生の意図することを理解することができました。ミュンヘンは治安もよく、観光出来るところも沢山あるので、セミナーで出会った仲間と街を歩いたり食事をしたり有意義な時間を過ごせました。
ミュンヘンでの貴重な経験を生かし少しでも成長してまたこのセミナーに参加したいと思っています。小長様、朝島様には本当にお世話になり、ありがとうございました。